top

Rafael Márquez Álvarez, nació el 13 de febrero de 1979 en Zamora Michoacán. Debutó con el Club Atlas en el torneo invierno 96 y para el verano 97, ya era titular indiscutible. Años más tarde, jugaría su primera final en el máximo circuito del fútbol mexicano, contra el Club Toluca en el verano 99. Atlas tuvo una derrota dolorosa y no pudo conseguir el campeonato. Lo que Rafa no sabía, era que el destino le preparaba algo mucho más grande, mucho más interesante, mucho más retador.

Bora Milutinovic lo debutó en la selección nacional a inicios de 1997, en un partido contra Ecuador en el estadio Azteca. En 1999, cuando Manuel Lapuente ya era entrenador, fue titular en todos los partidos de la Copa América. Fue precisamente ahí, en donde Márquez se dio a conocer; en donde el Club Mónaco, participante de la liga francesa, decidió comprarlo.

Su adaptación en Francia fue inmediata. Pronto se convirtió en el líder de la defensa monaguesca y contribuyó a que el equipo se coronara en la temporada 1999 – 2000. A inicios de la campaña 2003 – 2004, Rafa Márquez ya había sido adquirido por el Club Barcelona, en donde poco después (campaña 2004 – 2005), consiguió el título de la liga española. Sus años en el equipo Catalán serán gloriosos. Ganó cuatro veces el título de la Liga de España, tres veces la Supercopa de España, dos veces la Liga de Campeones de la UEFA, una vez la Copa del Rey.

Para la Copa del Mundo Corea – Japón 2002, a sus 23 años, además de ser todo un ícono del fútbol nacional, ya era el capitán de la selección. Posteriormente jugaría también las copas de Alemania 2006 y Sudáfrica 2010. Rafa ha ganado para México la Copa Confederaciones en 1999 y dos Copas de Oro, en 2003 y 2011.

Después de salir del F.C. Barcelona tuvo varias ofertas de equipos de Europa, como la Juventus de Turín, la Fiorentina, estos de Italia, pero al final firma un contrato con el club New York Red Bulls de Estados Unidos jugando 2 años con dicha institución. Después de 13 años jugando en el extranjero, Rafa decide regresar a México con el equipo Club León como refuerzo de cara al Clausura 2013 y la Copa Libertadores 2013 y jugar la Copa Confederaciones 2013 con la Selección Mexicana.

¿QUIENES SOMOS?
Somos una fundación que nace en julio de 2005, después de un evento de recaudación de fondos llamado “Clínicas de fútbol Rafa Márquez”. Comenzamos con la intención de depositar un granito de arena en contra de la delincuencia que envuelve a nuestro país; comenzamos con la intención de ofrecer mejores opciones de vida a personas que habitan en comunidades marginadas, personas que en muy pocos años estarán liderando el rumbo de nuestra sociedad.

¿QUÉ HACEMOS?
En Fundación Rafa Márquez promovemos el desarrollo integral de los niños y niñas de comunidades marginadas en distintas comunidades del país, con la finalidad de ayudar a mejorar su calidad de vida trabajando siempre para que tengan igualdad de oportunidades y alejarlos de los vicios sociales como el alcoholismo, drogadicción, prostitución infantil, abuso, etc.

¿CÓMO LO HACEMOS?
La manera de colaborar con nuestros niños es a través de nuestro programa NED (Nutrición, Educación y Deporte). Proveemos alimentación de calidad, proporcionamos las herramientas necesarias para disminuir la deserción escolar y, al incentivar el deporte, evitamos la ociosidad y los hábitos negativos. En Fundación Rafa Márquez también promovemos los valores de integridad, honestidad, respeto y confianza.

¿CÓMO NOS SOSTENEMOS?
Como fundación, operamos y ayudamos gracias a los donativos que recibimos mensual o anualmente. Estos vienen de empresas, de instituciones, pero, sobre todo, de seres humanos que están comprometidos con el desarrollo de su país, con el sano, equilibrado y digno crecimiento de los niños más desprotegidos.

¿CÓMO PUEDO AYUDAR?
Es muy fácil aportar a la fundación; puedes hacerlo a través de aportaciones económicas, patrocinios o siendo un hermano mayor. Ser un hermano mayor consiste en ayudar específicamente a uno de nuestros niños; dándole seguimiento, conociendo su perfil, compartiendo correspondencia y apoyándolo mensualmente con un donativo.

En Fundación Rafa Márquez, proveemos alimentación de calidad para combatir problemas alimenticios tales como obesidad, desnutrición y trastornos, esto con la intención de mejorar y aumentar el rendimiento físico e intelectual de nuestros beneficiados.

Nuestros menús consisten en: plato fuerte, guarnición, postre y agua de frutas. Carbohidratos, proteínas, frutas, verduras y lípidos se mezclan para proporcionar a los niños, energía y defensas para su cuerpo.

El Viernes 18 de Octubre del 2013 se llevó a cabo en la Unidad Deportiva Rafa Márquez, del Salto, El evento “Continuemos Construyendo el Mejor Lugar para Trabajar”, a partir de las 10 de la mañana 40 jóvenes da la empresa Nike asistieron al Centro Infantil Rafa Márquez para la mejora del plantel, pintando logotipos de la FRM, de Nike Fútbol, así como la cancha de usos múltiples. Al finalizar el evento Mauricio Heredia Horner Director de Funda…

結婚したい人々は、それが特定のテストや試験に供されるように結婚することを余儀なくされました。

これらのテストは、性的または遺伝性の感染症かどうかを決定するために、通常です。

しかし、今日の検査だけ精神疾患との間で検討試験のための有効な法的根拠がある、他の人が管理プロセスを通じて追求されています。

これらのテストを必要とする一方で、彼らは病気の検査と決意の法的根拠がない人々と結婚することを許可されて結婚するかしないかどうか、対策を越えフォーマットの制限を結婚する権利の本質に触れます。

また、患者情報の機密性のための第三者と共有することはしない、それは、疾患の存在または非存在下での組織的ヘルスレポートによって侵害されています。

私どもの意見では将来のパートナー、必須の試験、検査に供さは、権利ではなく、協議義務の結婚プロセスが十分なものでなければならない権限のある当局に共同候補を照らす文章を歩いて与えるために彼らの性的および遺伝性感染症の医師にもたらされる医療報告書を発行した。

結婚したい人は、いくつかの病気のためにテストされ、検査されるべき義務を負っています。

性的または遺伝的な方法の誰かから広がる病気がある場合、これらのテストは、一般的に決定する際には約です。

しかし、脳の病気のための唯一の検査は今日有効な法的根拠を持って、他の人が応用管理操作を基づかれています。

一方の義務は結婚し、いくつかの病気が非比例方法で結婚する権利を制限持っている人に結婚の許可を与えていないを取得することができるようにするためにテストされ、検査されています。

また、病気の人から三人の個人データの保存についてのプライバシーの校長は、既存の病気についての情報を含むヘルス・レポートで違反しています。

我々の意見では、パートナーは、試験または検査する義務があるものではありませんが、性的または遺伝的な方法で広がり、パートナーが点灯していることを示している権限の事務所に与えられた文字が十分なものでなければならない病気について医師に相談する義務する必要があります。

結婚、病気、義務、個人データのはじめのカップルが結婚したい、彼らは自分たち自身に結婚する医療心を作成するかどうかについてのトラブルを作るいくつかの疾患または医学的報告書がインストールされているかどうか、結婚アプリケーションを実行します。

彼らが購入または取引が結婚のレジストラによって行われている場合、このレポートでは、結婚のためのアプリケーションを受け付けています。

共候補で行われるために必要な試験のほとんどは、法的根拠を欠いています。

これらのテストのための法的根拠は、保健省や公衆衛生省審議会テキストの決定に基づいて行われていません。

私たちの研究では法的規制に定める試験で実際に必要な試験を法的に関して調査した、制限との議論で行われる個人情報の保護の観点から結婚する権利を持って検査する。

精神疾患と考えられているだけで病気しかし、許容できない精神病患者が結婚することはできません、法律はこれらの障害の境界を設定しています。

精神障害の公式のヘルスレポート結婚という医学的禁忌を理解することができます。

したがって、精神障害と結婚することはできません法律によって、原則として、しかし、彼らのために、医療の欠点と結婚することが結婚を作成しません。

夫婦組合と精神疾患の性質は、それがこのエントリ結婚するの障壁を作成することが述べられている継承されます破損します。

候補者の他の配偶者または配偶者を傷つける精神障害資格の結婚は、身体的または精神的健康や精神疾患のために指名され、今の子供たちが継承生まれて修飾された医療の欠点であると見なされます。

結婚を希望する者は、精神科の診察を受けることができません。

しかし、知られている、または正式な精神疾患が約疑わ共同候補の第133条に基づく精神障害者保健委員会の報告書は要求される場合がある.

公共衛生法上の日付1930年4月24日号1593年に、記事122男性応じて結婚しますそして、女性が結婚前に健康診断を受けます。

どの結婚は123と病気の124に配置されている障害物を作成しました。

梅毒の第123条、淋病、ソフト下疳、ハンセン病によると、精神疾患の禁じられた結婚にはまっています。

これらの疾患、感染症のリスクと後期の治療または疾患のない被拘禁者の提出がなされていることを発見した医師の報告書を癒し。

結婚の第124条に基づいて開催された高度な伝染性の結核は、6ヶ月、それは別の6ヶ月間更新され、この期間中に治癒の兆しを見せていない延期されます。

この期間の後、約医師はこの病気との結婚の危険性の両面への損傷を報告することが義務付けられています。

この疾患は、先進的な伝染性の結核と結婚により結婚への永久的な障壁を作成するためのパラグラフに記載された疾患が一時的な障害となっている続けました。

それは記事に記載された疾患の感染のリスクを通過すれば123はまた、また、疾患を禁止されていない、この人と結婚することを法律で拘留者を教えは、ビューに応じて、第123条で言及疾患が存在するにもかかわらず、結婚します。

この現在の結婚は、言い換えれば、これらの疾患は、不確実な結婚障害となっている場合。

結婚審査規制が記事122に基づいて1931年8月17日に発行されます。

結婚検査規則第11号682が力にまだあります。

報告書を承認する前に、既存のレコードから結婚候補医療と健康のレポートの政府の規制によります。

彼らは、疾患妨げるの名前に問題が結婚する最後の1に保持されて調査します。

医療は、最初にすべての結婚候補の全体の外観を見てます。

外部審査は、法律で定める方法により上記の疾患のいずれかを行われる場合はという疑いになる兆しが見条さらに検査が実施されている場合は記事4と5筆記試験で無効に候補者への障壁の一つの疾患の規制証拠の第6条の兆候との結婚によると信念だけでは明らかなように、本検査または、で到達することができませんでした。

人に検査や公式実験室をやったり、専門家医学的結果なしで彼に伝えによると、結婚候補の医師を検討し、第124条に上記疾患の1によってそこにマークされているという結論に達した候補者は、健康のレポートを提供していない、との文書の暗記は、ビジネスのそれとファイル医師は、政府に通知します。

消費候補が結婚することを許可されて人との伝染性結核短剣と高度な痰に基づいて、このような結婚の候補者は、アプリケーションとなります。

医療レポート/公式医療ボードの報告によれば、障害物を結婚することです。

閣僚理事会の決定は、結婚の原則及び手続に従い、規則に定める結婚の審査に発効した。

医療報告書の場合で撮影することができない日付精神障害、無医療禁忌結婚することを正式ヘルスレポートと結婚理解規制は、第20条の第二段落に結婚することによって、医療報告書の場合に撮影することはできません。

保健分野での条件を変え考慮することによって、医療報告書に関連する原則及び手続は、保健省によって発行された円形によって決定されます。

基本となる健康の規定に検査し、試験報告書の対象疾患のこの識別は省によって発表される円形に委ねられています。

結婚し、許容できない権利を制限する立法権限の左側の円形の転送状態レポート書き込む前に結婚の記事が位置している。

アプリケーションがますます重要伝染病今日婚前健康機関になされると遺伝性疾患、人物、リスクの可能性、結果に関連するコンサルティングサービスを提供する機会として考慮されるべきで、予防はあなたが認識されるべきである。

記事の健康によると、その結婚生活に何の病気の障害物ありません健康とMCH(母子健康と家族計画は)の中心でなければなりません報告します。

検査およびアドバイザリーサービスを候補者に梅毒、淋病、ソフト下疳、ハンセン病、結核、精神疾患とuhk中の妻と呼ば与えられています。

さらに、エイズ、B型およびC型肝炎、疾患は、遺伝性疾患はまた、公開されなければならない検査との関連で問われるべきです。

この会議中に、感染症は、遺伝性疾患および家族計画は、医療相談、または何疾患の疑いがある存在は彼らがした候補者に説明すべきであるべきであると述べました。

明らかに、外部から見える健康検査所見やレポートを組織しました。

必要なテストは検査中に名前を実行する必要があり、医師は、配偶者のいずれかによって要求された場合、カウンセリングの際に疾患または配偶者との関連が疑われています。

この人で検査や血清学的所見が心の中で報告されるべきであるが、結婚する疾患の障壁としてリストされている特定の疾患の治療は、治療の状態(例えば、ハンセン病、梅毒のために)それは休暇として考慮されるべきである永久物理的または血清学的続編を被った。

個人の権利を考慮して評価されるだけ保健機関や疾患レコードによって以前に利用できる取られるべきである。

それは怒っ当事者を防止すべきです。彼が考えている人は、精神障害または精神障害の医師であることが知られている本格的な状態の病院は結婚への状態の医療ボードレポートの障害物を取るかどうかの評価されるべきです。

婚前は省を書くことの検査とテストパートナーの感染性および遺伝性疾患について知らされる機会として考えて言いました。

外部から見える検査の終わりに疑問や妻を示している場合の請求項のいずれかにテストをすることができません。

これは、患者の同意するかどうかについての推論に違反して行われているテストの表現力です。

一方、医療レポートの治療を考慮すると、テキストは省に従って編成されるべきである場合には、疾患の状況を判断します。

練習結婚をするが、彼は候補者が事前説明と結婚したかった自治体の文書を承認しました。

各候補者は、テストの数を取得し、それに応じて開催される医療報告書を持参するように求められます。

アプリケーションは市町村の関連があると言うことができないときは、各自治体は異なるテストを望んでいます。

結婚血液グループに対して適用する市、BC型肝炎、梅毒、エイズや実行すべきサラセミアの臨床検査は、テスト結果は、各地区に公式MCHセンターに報告書を作成するために取られることを望んでいます。

上記の記事に必要なテストの性能を必要とします。それも、大きな違いが発見された。

血液のA判定

血液検査の目的は、先に母と子の間にRh不適合の存在かどうかを判断します。

デッドロックの問題は通常、最初の子のとき、母と子の間にRh不適合が発生します。

しかし、母親のRhの抗体(11)で開発した子の部分でのRh陽性赤血球の場合の第2子。

出産前とワクチンの保護子どもの健康(11)を行った後、これを回避する。

したがって、妊娠中の場合には、Rh不適合は、子どもたちの健康に影響を与えるので、妊娠前に採取する必要があり、予防を見て現象です。

結婚Rhは配偶者の健康に影響を与えるテストは必須のテストと規定することを目的に欠ける前にしかし、離れて、妊娠中の妻によって構築される。

B型肝炎

B型およびC型肝炎は、ウイルスによって引き起こされる肝臓の炎症です。

B型肝炎は、体液を介して、人から人へと伝達されます。これらは、出産(12)中の母親から赤ちゃんへの移行(血液の単位を含む)の血液、精液(精液)、膣液と分泌物です。C型肝炎は、主に、血液を介して送信されます。

性感染、C型肝炎の送信の可能性が、その可能性も弱い一対一組で極めて低いです。

しかし、性病やエイズ、一夫多妻は性感染症を持つ人々で可能性が高くなります。

加えて赤ちゃんに母親から通過する可能性が6%、C型肝炎、だけでなく、母親はAIDSを有する場合には、C型肝炎感染の確率を増加させます。

病気の性行為を防止するために、結婚前にこれらのテストを促した。

これとは対照的に、性的パートナーに肝炎ウイルスを持つ人々がこの病気から身を守ることができます。

B型肝炎ウイルスに対するワクチン開発、性交中のウイルスのキャリアへのウイルスの利益エントリに対する抗体の産生と免疫力を提供する。

B型肝炎ウイルスの母子感染は、常に新しい生まれの子供のための危険因子です。

出生時の子どもが、保護血清が行われた場合肝炎ワクチンとB型肝炎に感染していない。

C型肝炎ウイルスに対する任意のワクチンは開発されていない場合には、しかしながら、性感染、C型肝炎、他の妻と子供を取るする可能性は非常に低いです。

配偶者が結婚や配偶者への損傷を引き起こす疾患の候補がないときしたがって、肝炎BCは、点灯している。

梅毒

梅毒は、細菌性感染症です。

治療せずに放置した場合、経時的に体内に広がる細菌は、多くの器官の損傷を引き起こします。

梅毒は、最も一般的な性感染症のうちの1つです。

赤ちゃんにはおそらく70%に感染する可能性が扱われていない女性よりも妊娠中の細菌を失うことに起因するこれらの妊婦、死産または早期乳児死亡の約25%。妻の妊娠や性疾患には、これらのデータはまた、それらに感染することは明らかである梅毒に照らして考慮されるときに発生する可能性のある赤ちゃんの健康に影響を与えます。

しかし、症状が将来の配偶者の病気に照明共同申請者のいずれかに疑いの疾患を喚起する場合、疾患の梅毒は確信検査ではなく、側面は結婚前に考慮されるように、処理することができるである。

エイズテストHIVと呼ばれる「ヒト免疫不全ウイルス」で、ヒト免疫系と治療の弱体化は、完全に不活性化を引き起こすウイルスの場合に受信されます。

エイズはHIVによって作成され、キャリアと呼ばれる「後天性免疫不全症候群」とは、HIV感染や血液検査によって測定することができる免疫系細胞のウイルスによる重篤な感染症の一つ開発した人が高レベルで破壊されている疾患のセットです。

すべてのHIV陽性であるが、それが脆弱にもエイズの開発見ている人を意味していないことに留意すべきであるとなり、保護されていない性交のHIVの三大伝送経路、赤ちゃんと母親のミルクへ、母からの体液の血液交換をHIVから保護するための最も確実な方法は、性交時にコンドームを使用することで、保護ケースにコンドームは、すべての関係が100%に近い正しく使用されています。

母親を運ぶHIVウイルス、クレームの抗レトロウイルス薬によって妊娠、彼らは1%まで渡すウイルスに赤ちゃんをダウンロードすることができますが、また母親の乳児の摂食の上に食べ物の代わりに母乳を通じて出産後授乳を通じて送信を防止するために推奨される。

出典:男性の性病検査・・・エイズ検査にはブラインド期間と呼ばれる検査を受けても結果が出ない期間があるので、検査を受ける場合は疑わしい行為から2カ月は期間を空けてください。

HIVやエイズ、医学の進歩

スルーは、肝炎ウイルスなどの慢性疾患を制御することが可能となっています。

性行為とは、他のウイルス性疾患とは非常に異なる方法で継承されません。

コンドームの使用で性感染症のすべてが最も安全な方法です。

したがって、結婚無意味結婚前に病気を防ぐために、HIV陽性の人と役に立たない制限他の疾患から分離し、それを維持します。

性生活が結婚に限定されていないので、結婚を制限することはできません。

また、常に結婚内外の個人の健康を保護する必要があります。そのため、代わりに結婚を禁止する、病気の伝染と治療のリスクの配偶者候補は、それぞれの分野での方法を照らすと保護する方法についての勧告を行う必要があります。

E-TB(結核)TEST何千年もの間存在することが知られている微生物で構成結核、治療せずに放置または不十分な治療です。

早期に適切な治療との完全な致命的な病気が可能エンディングであるかもしれないです。

結核、明確なプラスの結果にツベルクリン(PPD)皮膚試験が行われた場合には、ある意味で、微生物は、この期間にトラップされます。

結核は空気中の病気が遺伝性の本質ではないです。

でも、通常結核との長期的な患者とともに生きる人々に病気を広めます。

この情報は、光の中で考えたときに性的健康や結核で生まれて子どもたちの健康に影響を与える全く異なる側面ではありません。

客観テストが性病または遺伝的経路が解明されていないではない。

結婚前に要求されることがあり、F-サラセミア(地中海貧血)TEST通常地中海諸国でのレースで、地中海貧血症の生活の貧血症の種類があります。

地中海貧血は、この作品で研究疾患のとは異なり、ほとんどは性病や血液ではありません。

疾患は、疾患をもつ母親や父親の遺伝子に生まれた子供は、疾患の通過遺伝、すなわち遺伝性の性質に起因しています。

疾患サラセミアメジャーの厳しい形態は通常、生後6ヶ月の乳児、重度の貧血は突然発生し、したがって、心不全を開発しています。

心不全は、しばしば輸血することによって防止することができます。

輸血は、患者が数年後に死亡した場合不十分な輸血が行われた場合には、いくつかの健康上の問題が発生し、子供たちが老齢で死ぬことがあります。

サラセミアマイナーでは特徴と穏やかではない生命を脅かす疾患です。

あなたは、唯一の親の中にサラセミアマイナーを持っている場合はキャリアが、この場合には、両方のサラセミア短調サラセミアメジャーを持つ子どもたちの子供がサラセミアの25%の確率である場合には、主要となる。

可能性はないとサラセミアマイナーで子供を持っている50%の可能性が高いです。

したがって、サラセミアのテストではなく、将来のパートナーの、将来の親のための重要なテストがあります。

結婚、両親によって事前に作られた結婚はセルフテストが重要ではないことを意味するものではありませんことは必須です。

一方サラセミアメジャーでの子どもの健康は、多くの場合、輸血を実施することによって維持することができる。

診断と治療センター規則のための血液疾病管理プログラムの番号のスクリーニングとカウンセリングと結婚したい候補者に関する共同議員など地中海貧血は、これらのテストのインセンティブの付与を想定しています。

しかし、公衆衛生の必要とする決定を取った、それは規制を述べた意思決定に依存していました。

しかし、それは、規制や法律の試験により必須であることを意図していないため、意思決定を確立するための任意の基礎を欠いている。

検査及び試験の目的-ES候補を知らせる共同候補規則の第六の記事の健康診断と治療センターのための血液疾病管理プログラムの遺伝性異常ヘモグロビン上述した。

コンサルティングサービスの付与を想定し、候補者を奨励センターへの紹介の目的は、試験します。

また、健康省によると、医療機関の参照に伝染作られ、遺伝性疾患を送信する関連するテキストは、コンサルティング・サービス、将来のパートナーリスクの可能性を提供する機会とみなすべきである。

疾患の結果は、予防法について知らされるべきです。意識の共同候補または目的は、疾患結婚アプローチを防ぐための規制の形態です。

しかし、人と子どもの健康の保護に起因する、すべての最初の、それは共同候補の感染や遺伝病の意識を高めることが可能である。

B-結婚ブロック

IPCによっては、精神疾患の結婚を防ぐ疾患です。質問病精神疾患の法律の外で結婚する任意の障害を提供していません。

結核が一時的な障害である、病気の梅毒を要求した模擬試験の障壁である結婚の妥当性が本日議論しました。

結婚条例や医療ボードレポートの医療報告書によると、結婚への障壁が存在しないことです。

結婚への障害として報告書で言及疾患の有無が決定されると結婚することはできません。

報告書は、結婚に病気バリアの存在のためである。

子どもの保護をするためにそれが子供の健康を守るためにしようとしているという事実から生じる結婚前所望のテストで行うこと。

母親や父親から遺伝性疾患のほとんどは、意味や、母乳などの体液を介して子供に渡すことができる性質があります。

上述のように、しかし、ワクチンは、薬剤は、例えば、輸血などの方法を利用して子供の健康を保護することができます。

したがって、重要なことは、母子の健康を守るために起こる妊娠の場合には、出生を防止するためではありません必要な措置をとることです。

陽性の場合、テストの出現を促しや再生を妨げることはありませんが、結婚することを許可されていない、この理由により結婚の禁止は、無防備なセックスとその逆の増加につながります。

また、結婚の禁止を脱出したい妻候補が最初のターゲットの助言から利益を得ませんテストされています。

検査及び試験の義務

婚前検査で要求とテストが法的根拠と患者の権利の観点から、保持は必須ではありません、テストについても検討する必要がある問題です。

実際には所望のテストのほとんどは、何の法的根拠はありません。梅毒や結核検査の唯一の法的根拠があります。

それら永久障害である梅毒は、uhk’y結婚によると、結核は同じ法則に従って障害物の一時的な結婚です。

他のものは、保健省のポストに基づいて作られています。

健康と社会的条件を反映し、したがって、今日の条件からリモート洞察を配置では、また、結婚への障壁が唯一の精神疾患に与えられ、編集され、2002年に発効し、それが結婚の外の病気への障害として意図されていません。

練習自治体における一方、多くの場合、血液検査をする必要が、言い換えれば、解析が行われていません出願人は、結婚を受け入れない。

この点において市町村は異なる例です。

自治体は、血液分析を要求するためにバインドされているため、明らかに公式サイトに記載されています。

彼は後者の同意が示す血液検査を行うためにもかかわらず、身体の介入に同意する義務が結婚したくなかったにも関わらず、最初に:質問は、二つの次元を持っている必要があります。

医療への人の同意がある人の合法の条件であり、さらには同意しなければならない規則の第31条に従って、患者の権利を点灯します。

不法行為における静脈ともから血液を取って罪があること状態に人の物理的な整合性の同意により医療の必要性と成文法の状態で、人の物理的な整合性が不可侵です。彼の同意なしに、科学や医学の実験を受けなければならない。

診断、治療または予防の目的でなく、生命または身体的整合性に危険が違反または精神的または身体の強さを減らすことができることが原因となり、何もまたは死亡を行うことができないと 需要が結婚の契約の確立は、病気の人の診断は、疾患の予防または治療目的のための介入を持ってする必要はありません。

結婚の契約と友情のセックスライフは、相互に接続されなければならない重要な現実です。

性生活、次に結婚する人を防ぐための保護を提供しない、結婚に接続しなくても持続します。

同意結果の場合は、テストの出てくるので、結婚を防止疑惑の病気のいくつかを持っていますそれは、アプリケーションが結婚を拒否することができることをする場合はあります。

法律で制限されなければならず、制限の権利の本質に触れません。

右の材料の範囲及び資産の精神的な発展を認識し、憲法に結婚を入力して、人々が市民権を使用して、有形・無形固定資産を開発することができます。

唯一の精神疾患の廃止条項の顔は、前述したように、右の結婚と結婚する前にテストや試験の範囲を疑問視する内容の合法性に結婚が制限課せられた法的な障壁です。

他のテストや試験この点には法的根拠がない。

一方で、また自然の除去法は、これらのテストの法的根拠を達成する場合には、この病気の存在を結婚する障壁として考慮されるべき権利の本質に触れます。

右の制限が完全に使用不能をもたらすためにため精神疾患は、私たちのLOに精神障害と結婚する権利に法的障害と、結婚は、医療の欠点を作成する程度に制限されています。

それは遺伝性の我々の意見で病気を伝送されるため、この欠点は、自然の中で執行した場合の結婚組合配偶者では言及されていない、今適度な制限が、この場合に結婚することを許可されていないとも言われます。

拒否される薄手の結果としての疾患の存在を決定する場合はこのようにテストの適用は人と結婚します。

共同候補者のために利用できない権利は、家族計画センターの目的のために独自の照明を持って、医師に相談する義務が保た両方の目的に対応する。

これは、家族の生活のために尊重する権利を有します。

私生活と家庭生活の不可侵の機密性。また、患者の権利と規制21の第23条に、プライバシーに対する患者の右側に固定されています。

23は、法律によって許可されたものを除き、医療送達薬剤に起因して得られた情報によると、どのような方法で説明することはできません。

全体に不可欠な個人の権利は本人の同意に基づいている場合でも、そのような権利は、速度超過やその他の制限で結果を生じさせる情報の開示は、それらを説明する法的責任を削除しません。

患者の同意は責任を排除しない規則に従って、この条(25)に違反している結婚する権利をもたらす健康情報を防止するための法的根拠なしに自治体でレジストラを説明します。

あるとされていない場合、それは患者のプライバシーに医師の個人データ以外の人が脆弱であることにつながるという事実の知識では、状況に何が起こったのかを決定するためにレポートを必要とするため、疾患と結婚への障害とは考えられない疾患です。

私たちはしばしば、「禁欲」は性的活動のリスクを避けるための愚かな方法ではなく、禁欲とは何かを聞いていますか?禁酒の定義はさまざまです。

ASHAでは、禁欲とはあなたが他の人とセックスをしていないことを意味します。禁欲を選択した人は性的な感情を持つかもしれませんが、他の人とセックスをしないことを選択します。口腔、膣または肛門性交は一切ありません。

性的禁欲を執行する人は、STIに罹患したり、望ましくない妊娠をするリスクはありません。あなたは禁欲を選択する権利があり、あなたの願いを尊重しないパートナーは、あなたにとって最良のパートナーではないかもしれません。

時に議論される別のタイプの禁欲は選択的禁欲である。多くの人々は性的に活発ですが、STD / STIや妊娠を避けるために、または性的なことをする準備ができていないため、彼らの行動を制限しています。選択的に禁欲になることを選択した人は、ある種の性別を持つかもしれないが、他のものは持っていないかもしれない。選択的禁欲を練習する人は、自分が行っている活動に応じて、STIに罹患したり、望ましくない妊娠をするリスクを冒すことも、しないこともあります。